来季の開幕まで、90日程度になってきた。

先日、民放テレビ局で松井選手の特集番組を放送していた。見ないわけにはいかないから、見た。
でも、このテの「お話」はいままで散々見たし、第一「あの日の出来事」をあんなにリピートされては、痛い思い出がよみがえってくるだけで、ボクにはちっともうれしくない…。
ボクのようなヤンキースファンであり、松井選手のファン、そして松井選手ご本人にも、今年は要するに「厄年」だったと言うことで、おしまいにしようではないか。
もういい、「あの出来事」ばかり見せられるのは…。

来季。
ボストンには、松坂投手が。ヤンキースには井川投手が。デビルレイズには、岩村選手が新たにMLBで活躍するようだ。日本の野球選手が数多くMLBに加わってきた。
ここまで多くの選手がMLBに出て行くくらいなら、いっそのこと、ニッポンで1チーム、大リーグ加入のチームでも作ったら? と、思いたくもなる。

日本の野球選手がこんなに大リーグに来ると、ボクに蘇ってくるのは「野茂英雄投手」のことだ…。

今日、日本人選手がMLBから注目されるようになったのは、野茂投手のお陰ではなかろうか、と思う。
確かに、その歴史上では野茂投手より以前にMLBでプレーした日本選手はいる。が、野茂投手があれだけの活躍をしたことがMLB関係者たちから「日本選手は使えるかも…」と、評価され始めたのではなかろうか。今日、日本選手のMLBとの交流の「起源」は「野茂投手」だったとボクは思っている。野茂投手の活躍があったからこそ、太平洋を越えたニッポンにも大リーグファンが生まれ始めた。そして、その現象が「MLB経済」に新たな刺激を加えたのだろうとも思う。
野茂投手がMLBと日本プロ野球の間の草を分けて、「道」を創った…とボクは今でもそう思っている。その入団手続きの仕方も、彼が初めてだった、とボクは記憶しているが…。

野茂投手は、日本人プロ野球選手として初めて現実的「夢」を抱いて、太平洋を渡った。
「夢」…、そうあの「環光」だ。
ボクは、野茂投手がドジャースに入団したとき、「5勝出来れば…」と小さい希望しか持てない友だちもいたが、ボクはそう思っていなかった。だから彼が1995年、オールスターに出場したとき、テレビの前で涙が出ちゃったことを覚えている。なんだか知らないが、ボク自身が誇らしく思えたから…。妙な話だが。スポーツ観戦して涙することは多いが、その姿を見ただけで感動して涙したのはお恥ずかしい。
野茂投手はそのシーズンで、13勝 6敗 236奪三振はリーグ記録 防御率2.54 で、新人王に輝いている。この年、わずか年俸8万ドル(980万円)でドジャースと契約。大リーグにデビューした。メジャーに「夢」をひっさげて挑戦した初めての日本選手が、この野茂英雄投手だった。

あれから11年後の2006年。6年総額5200万ドル(約60億3200万円)で契約、1年平均860万ドルのWBC優勝投手松坂投手とは、スタート時の段階ではその評価の開きはまさしく「天と地」ほどの差だった。その松坂投手を「日本の宝」とメディアは書き立てていたけれど、「日本の至宝」の元祖は、この野茂英雄投手だったではないか…。

ドジャース退団後の彼はすさまじい野球人生を送っている。2度目のノーヒットノーランを達成したのは、レッドソックスに移籍したときだった。このニュースは会社の隣の銭湯で知った。ボストンでは現在でもそうだが、野茂投手のファンは健在だ。あの頃、日本人は今ほど大リーグに注目してはいなかった。大リーグという舞台が、どんなものか、あまり知る人は少なかった。

http://www.nomo-baseball.jp/
a0094890_1691941.gif

http://ballplayers.jp/nomo/
a0094890_1693338.gif


松井選手が打ったホームランはいつもうれしくて仕方がない。が、1本だけ、んーーーとなったホームランがある。それは、デビルレイズ野茂投手から打ったホームラン。引っかけるようにしてライトスタンドぎりぎりに運んだホームランだったが、あれだけは…奇妙な気持ちだった。アラララ~~、って…。

ほんの少しだけど、ボクの心の中で…ほんの少しだけど…「もう一回、野茂投手と松井選手」の対戦を見たい…と。ほんの少しだけど、そんな希望がボクの心の片隅に残っている…。

野茂投手。肘、完治しただろうか…。

2006年、松井選手と野茂投手。お互いに、「厄年」だった…ということでおしまいです。
2007年のシーズン開幕まで、もう90日あまり。
来季は、両者とも「厄開けの年」にしましょう! 「健康で力いっぱい」で、過ごして下さい。

松井選手が、ふるさとに帰郷しました。いよいよニッポンに「お正月」が来ます。
お帰りなさい! ボクらの松井選手!

来季…
ボクには、例年になく、たまらなく楽しみなシーズンになのであります! はいッ!

…NY152…
by mlb5533 | 2006-12-30 04:30 | 第三章

初めてのニューヨークで

恥ずかしいことですが、ボク、実は井川投手の名前が「慶」ということをスポーツ新聞のサイトで最近になって知りました。
井川投手が所属する阪神タイガースはいまや日本プロ野球では、人気ナンバーワンと聞きます。全国に多くのファンを擁するチームだそうですが、ボクは東京生まれの東京育ちですから、子供の頃から巨人軍を友だちにして育ちました。そのせいで、他球団がいかに人気が上がろうともさほど関心は湧いてきません。かといって、現在の巨人軍選手をどれほど知っているのか…と、問われると、残念なことに昔ほど注目してはいないのです。たまに、巨人軍情報を見聞きしても、まったく名前はもとより、ポジションさえ知らない選手もいるほどですから。

ボクの野球への関心事は、もっぱら「ニューヨークヤンキース」ただひとつです。

お陰で、日本球界のニュースよりもMLBたちの選手の情報が気になります。
とくに、松井秀喜選手がヤンキース入りしてからは、ボクの私生活さえ変化しました。朝、早く起きるようになったのは、松井選手とヤンキースの選手たちのお陰です。早朝から始まるBS1での生中継を見るためです。

ヤンキースとの出逢いは…結構昔です。ボクがひとりで生活していた頃でした。
でも、あの頃のヤンキースには…さほど威張れる想い出はありません。それでも、スタジアムには通ったものです。

初めてのアメリカが、ニューヨークでした。まあ、東京とさほど代わり映えのしない都会としか見えていませんでした。まだ、友だちも出来なかった初めてのニューヨーク…その頃のボクです。
仕事が済むと別段行くところもなく、黙ってアパートにもどってさっさと寝ていました。そのうち、生活にも慣れてきて劇場やリンカーンセンター、映画館にジャズライブ、電車に乗ってブルックリンへ、と足を伸ばしていきました。ひとりでスタジアムに行けるようにもなりました。

そして、誰もがそうなるようにボクも例外なく、現地の友だちが出来ると、NYの底知れぬ魅力のとりこになったのです。そんなNYの生活がいまでも懐かしい想い出になっています。

こんな個人的な想い出と、井川投手となんの関係があるのか…と、不思議に思われる読者もいることでしょう。ボクは井川投手のことをよく知りませんから、サイトで彼の記事を様々読んでみました。
そうしたら、こんな記事が目にとまりました。a0094890_16122369.gif
「初めてのニューヨーク」だの
「パークで走る」とか言うし
「とりあえず、ニューヨークという街を見てみたい」とか
「長距離移動対策」だの…と、
なんだか、おもしろい投手だなあ、と親しみを感じました。

折角、ニューヨークに初めて行ったんだったら、せめてミュージカルを一本くらい見たら? と、助言したくなります。が、それはNYの魅力を知っている人の言い分なのです。
井川投手にとっての初めてのニューヨークは、「仕事」です、との気構えなのでしょう…。なんだか、遠い昔のボクみたいです。でも、きっとみんながそうなるように、井川投手も現地で友だちが出来るでしょうから、絶対にNYの魅力のとりこになることでしょう! もしかしたら、朝靄の残るパークで友だちと一緒になってランニングする井川投手の姿があるかもしれない…。

NYの友だちに、ミュージカル俳優がいます。ステージでは大変な人気です。でも、ステージが終わると自転車で買い物に出かけたり、ビレッジまで自転車で来ます。大スターなのに…。でも、それがNYでの上手な生き方なのかもしれません。

井川投手は、ニューヨークと五年間の契約をすると聞きました。五年間、NYで生活したとしたら…そして、気の合う仲間たちと出逢ったら、きっと彼はもうMLBから離れることはないと思います。日本球界に戻ってくることはないだろうな、と…。人付き合いはそんなに上手な選手には見えないだけに、底抜けに明るいジータ選手やデイモン選手、親切なジョンビ選手、暢気なカノー君たちと混じってプレーしていくうちにきっと彼にもベンチで「スマイル」が飛び出すようになることでしょう…。松井選手もそうなように。

まだ、正式契約はしていないけれど、ボクから井川投手に個人的なリクエストがあります。
是非是非、ヤンキースで王建民投手と組んで「オリエントペア」とかなんとか…親しみのこもった呼ばれ方で、メディアから書き立てられる活躍をして下さい。あんまり、力みすぎないで…。ニューヨークを存分に楽しみ、そしてニューヨークを「我が友」にしちゃったら、きっときっと井川投手は、ヤンキースで大成功するはずです。
ボクは、井川投手の今までの歴史を知りません。しかし来季から、誰よりも井川投手の理解者になっていることでしょう。そして、誰がなにを言おうとも、ボクは井川投手の味方です。

きっと、松井選手もボクと同じように、あなたにこう言うでしょう。

「井川慶投手、ニューヨークヤンキースにようこそ! 」


…NY152…
by mlb5533 | 2006-12-22 05:56 | 第三章

長い時間…

30日… 長い時間と巨額のお金を投じて、ようやく松坂大輔投手がボストンレッドソックスに入団が決定しました。実に多くの時間を使ったものです。

松坂投手は26歳。6年間の契約だという。32歳まで彼はボストンで生活することになります。

ボストン…。
ボクはこの街はさほど好きではなかった。現在はどうなっているかよく知りませんが、その歴史を知れば知るほど、「ああ、やっぱり、か」と納得せざるを得ないほど、マイノリティーには少々生活しにくいかもしれない…。大学でクラスに参加している間はいいのですが、いったん街に出るとNYのような庶民性はボクには、正直さほど感じなかった。米国ならでのフランクな雰囲気が少なく感じて、なんとなくだが、閉鎖的な感じさえしたものです。まだワシントンDCのほうが住みやすかったし、楽しかった。ジョージタウンのような街はボストンにはなかったように思うが、いまはどうなっているのか…。古きを善としたがるボストンの伝統にとって、さほどの変化はないだろうと察する。

フェンウェイパークですが、あまりにも古すぎます。1912年に完成しましたが、観客席数は4万人すら入らない球場(3万8800人)のままなのです。しかも、狭すぎ。グリーンモンスターとかおどけた表現をしてみても、11メートル以上もあるフェンスなんて現在の大リーグでは特殊すぎて、現代野球においては「ジャマ者」以外何者でもない。なにせ左翼は94メートル程度しかないのだから、こんな壁を衝立替わりにするしかないのかしら。
一方、ヤンキースタジアムは1923年に完成しているが、その時の収容人数は5万8000人。1927年には、なんと8万人を越える観客席を作り上げています。現在は5万7500人程度で、それでものびのびと観戦できますよ。このスタジアムもいよいよ2008年で幕を下ろしますね。そして、2009年のシーズンから新球場に生まれ変わる…。

何年か前だった…。まだ、松井選手がヤンキースに入団する前のこと。久々にボストンに立ち寄ったときでした。ボストン市民のレッドソックスファンの間で、「球場の改善」を唱えたが、しかし、これも古きを善としたがるボストンのお偉い様たちによって、却下されていたと聞きました。
ラミネス選手が「西のチームに行きたい」と前々から漏らしているそうだが、ボクにはなんとなく彼のその言葉の意味がベースボール以外のことではないか…と、感じてしまうのです。

松坂投手が大リーグボストンで育つためには、ボストンファンに愛されることだと思う。コメントにも、ある程度のサービス精神が要求されるだろうし。松坂投手の周辺にいるスタッフが守ってあげないと。英語が出来るということと、英会話が出来ることは根本的に違うのだから…。ご家族もまた、ボストン市民同様彼らのボランティア活動には積極的に参加して、松坂投手の評判をあげていただきたいものだ。

f0012316_3371861.jpg松坂投手は、「夢」という言葉がお嫌いだそうです。アメリカの子供たちがもっとも多用している言葉は「夢」です。「目標」ではありません。それを松坂投手は全米のメディアの前で堂々とコメントしておられました。たいした勇気です。
ベースボールは、スポーツの中でも「夢」という言葉を連発しています。
そしてベースボールの世界は、選手より観客の数が多いのです。観客たちが球場に来ている理由は「夢を見に」来ていることを知るべきです。

子供時代、彼らはグランドで「夢」を見ました。「ボクもガルシアパーラ選手みたいになりたい」…と。「目標」ではありません、「夢」です。そして、その「夢」を追い求めると、自分にパワーが生まれてくることを、善としています。「目標」とは、時には不公平な結果を生みます。出来たり出来なかったり、そして勝者と敗者、を区分けしてしまいます。

「目標を持っていたから、ここにいるのが当然」というような言い分は、彼ら子供たちには理解できないのです。

そんなコメントをするくらいなら、
「子供時代からの夢が叶って、ボクはうれしいです」
と素直に叫んで見せたら、ボストンファンは子供だけでなく、だいの大人たちまで、目頭を熱くさせたことでしょう…。松坂投手はつい先日、「大リーグに行くのが子供の頃からの夢でした」とコメントしているんですから。なのに、「夢という言葉は嫌いです」は、ないでしょう。ボストンはニューヨークとは明らかに違います。あえて、子供たちを遠ざけるようなコメントは慎んだ方がよいのでは…。

f0012316_3344460.jpg

あと、2ヶ月もしたらヤンキースのキャンプです。
最近、松井選手の話題が伝わってこないのが寂しい限り。
きっと松井選手のこと、どこかできっと体力を養っていることでしょう。

開幕はヤンキースタジアム。
現地時間4月2日午後1時5分だ。



来季を「夢」見て!


…NY152…
by mlb5533 | 2006-12-16 03:41 | 第三章