<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「Forever」

a0094890_1585330.jpg2008年9月21日(日本時間22日)、ヤンキースはホームグランドでの試合が最後になった。
ヤンキースのホームグランドを「Yankee Stadium」という…。

この日の「主役」は、松井選手でもなければジータ選手でもなかった。ヤンキースの人気選手たちではない。主役は「舞台」だった。そう、「Yankee Stadium」そのものである。

この土地に全米のベースボールファンはじめMLB関係者のみならず、全世界のベースボールファンのまなざしが集まった。個人個人それぞれの想い出を残してくれた「舞台」に、「さようなら」を言うために。
この日、全米のMLB選手たちは、すべてデーゲームで試合を終えていた。ナイターはこのヤンキース対オリオールズ戦ただ1試合のみである。全米すべてのMLB選手たちは自宅に戻り、この試合をテレビで観戦していたに違いない。ボクもそうしていたように…。
今日、ベースボールというスポーツが「文化」にまで育っているが、その源がこのスタジアムであることをみんなが知っている。彼らは「Yankee Stadium」に敬意を払いたいのだ。その現れがこの試合だけをナイターにしたMLB選手たちだった。

ボクもこのスタジアムには想い出が詰まっている…。巨人軍しか知らなかったボクが記者時代、英語もろくろく話せないのに、ニューヨークへ。NYで知り合った友達がヤンキースを熱く語ったことがきっかけで、ボクはヤンキースタジアムに行ってみた。マッティングリーがいた! …それからというもの、NYに行くたびに地下鉄に乗ってスタジアムへ。バーニーが打つ! ジータ選手が打つ!

そして、巨人軍4番打者松井秀喜選手がヤンキースに入団した。「夢」を抱いて…。

「Yankee Stadium」とは、これである。「夢」を抱いて人々が集まってくる土地なのだ。その「夢」は、大きいほどこのスタジアムにはふさわしい。だから「世界一のスタジアム」と人はそう呼んでいるのだろう。その試合に、この日、松井選手は先発出場してヒットを打った! 「夢」のグランドのなかに松井秀喜選手がいるではないか…。背番号55、が歴史の中でヒットを打った!

a0094890_15121075.jpg

試合は3時間5分だった。
5回が終わったところで、ヤンキースタジアムでの試合をカウントダウンしている表示に残り試合「0」ではなく、「Forever」が点灯された。「夢」の続きがここに現れた。

ボクのようなアホは「最後なんだから」と今季開始早々そんなことばを連発していた。まるでヤンキースの試合が「0」になるような言い方をしていた自分が恥ずかしい…。そう、「Forever」こそ、この球場にはふさわしい。「夢」は膨らんでいくもの。

確かに今季のヤンキースはひどすぎた。故障者続出のほかにも、ゴシップでもスターになったり…と。
そして、我が「夢」の主役・松井選手は怪我でさんざん悩まされたようだ。松井選手はこの日の試合がすむと、翌日左膝を手術した。もちろん来季の準備である。

新しい歴史がまた始まる…。
どんな「夢」をボクに見せてくれるのか、松井選手の正真正銘の「夢の復活」まで、あと半年。ボクは待つ。ボクはこの「夢」を限りなく大きくして、抱えきれないほどの「デッカイ夢」に膨らませて、背番号55の復活をじっと待つことに決めた。
…激しくもあり、またやさしさにあふれたこの「夢」を、ボクはどうしても消し去ることはできない。

松井秀喜選手の「夢」にボクの「夢」を託したまま、来季、桜が満開になる頃を指折り数えて待っていよう。背番号55の、あの笑顔に再び出逢う日まで…。
a0094890_15103424.jpg

人気blogランキングへ!
クリック よろしく!

…NY152…
by mlb5533 | 2008-09-25 15:13 | 第六章

「夢」を追いかけて

ここ数試合、松井選手に当たりが出てきた。復帰後、打率.300が危ぶまれたがいまでは.308まで伸ばしている。でも、松井選手の打率アップとチームの勝利とは直結していない。14年目の「10月」進出は8月末に、事実上不可能にはなっていた。しかし、8月だったから、「何か起きる」ことを夢みたもののやはり、数字はごまかせない。淋しいことだがヤンキースは今季、「9月止まり」だ。

不思議な気がする。10月にヤンキースがいないMLBを連想するのは、なぜ難しいんだろう。
かかさずいたはずのチームの名前がない…。まわりは少しも変わっていないのに、突然そのチームだけがいない。そんな不思議さを、淋しさというのかそれとも空白感というのか…。毎年10月、ボクは騒ぎまくっていた。そんな騒がしい自分がいまは懐かしい。

結局、懐かしいあの頃の記憶を戻してくれた人、そう松井秀喜選手がいたから。あの頃以上にヤンキースが気になってしまった。ボクにとってのヤンキースって、松井秀喜選手のチームなんだ、と改めていまそう感じる。だから、松井選手が出場しないヤンキースは、ボクはさほど魅力が感じられない。ただの、懐かしさがわき上がってくるだけ。臨場感というような、緊張感はなくなってしまう。

巨人軍4番打者、日本を代表するホームラン打者が「卑怯者といわれても」…と、自分の胸中を絞り出すようにコメントして「夢」を追いかけ、ひとり太平洋を渡った松井秀喜選手。彼のその強烈な「夢」を、ボクも一緒になって追いかけたかった。それが「ヤンキース」だった。
「夢」をあきらめて、「現実」に迎合した生き方の方がどんなに楽に生きられるか、そんなことはわかっている。でも、それをしちゃうと「責任」が消えてしまう。
もう10月はないんだから、膝の治療に専念して来季に備えた方がいい、ということはきっと松井選手だってわかっているはず。でも、彼はそうしない。「いま自分ができるベスト」をし続ける。ボクはこういう松井選手の「不器用さ」に共感します。シアトルにいたジュニアと、どこか松井選手の生き方がダブるのは、ボクひとりじゃないかもしれない。

来季、自分の「夢」を追い求める体調に戻して、松井選手が「いつものように」グランドでプレーして欲しいです。その「夢」にボクも一緒に追いかけ続けますから…。


…NY152…
by mlb5533 | 2008-09-08 10:14 | 第六章

現実は厳しい

今季、ダメかなぁ…。
ボストン戦での敗北が痛かったなあ。

復帰した松井選手だけど、その打撃フォームを見る限り、素人のボクでも下半身に不安を感じます。来季もあるんだから、是非体調を戻していい形でもどってほしいですね。

そうそう、ジュニアがシカゴに移籍したんですよね。それには驚きです。シアトルでは、ジュニアをもう一度マリナーズに戻そうという運動があるそうですが、もしかしたら来季、シカゴからふるさとのシアトルに帰ってくるかも…。こんな楽しみをしているのは、ボクがヤンキースの「10月決戦」をあきらめちゃった証拠かな。
ただし、ベースボールってなにが起きるかわからない。なので、ここに至ってもヤンキースと松井選手には目が離せません。


…NY152…
by mlb5533 | 2008-09-01 13:49 | 第六章