どんなカレンダー?

本郷の坂下にあるこの事務所には毎日人が来ます。ご近所の商店街からは、お肉屋さんの店員さんとか花屋さんにお勤めの方、八百屋さんのご主人たち。大学教授とその学生や4,50代の主婦や二十歳以下の青年たち。遠く、東北とか伊勢方面、山陰や沖縄からも来てくれます…。
手みやげを持ってくる方が多く、休憩になるとみんなでその味を楽しんでいます。たい焼きに羊羹などの和菓子以外にも、お手製のケーキなども登場します。先日は京都の叔母様が川端康成先生がお好みだったお菓子を持参。日本茶を飲みながらあっという間になくなりました…。
休憩中はみんなの楽しい時間です。好き勝手な話題を投げ込んでは、大笑いしたり、真剣にアドバイスをしたり。猫が五日間も帰ってないから心配だとかすき焼きのネギを食べ過ぎて胃がもたれるだの、ニワトリに追いかけられた夢をみたとか…。井戸端会議みたいな騒々しさです…。
ところで、この井戸端会議、最近の話題はもっぱら松井選手のことです。

40代の主婦が「マツイってすごいですよねぇ。世界チャンピオンなんでしょ! Mなんとかって賞を取ったって」。大学の先生が「んーー、世界チャンピオンという言い方はちょっと違いますでしょ」
「ヤンキースをやめていいの? 世界一なんでしょ」「やめるっていう言い方も…まあ、移籍、ですね」
「うちの主人たら、仕事もほったらかしにしてNHKの中継に釘付けでしたね。マツイが最優秀選手賞を取ったとき、男泣きしてんのよ。娘が大学に合格したって、あっそうか、とか言ってくせにねぇ…男の人ってマツイファンがほんと多いのよね」「向かいのラーメン屋さんのご主人、巨人ファンでしょ。でもマツイのこととなるとよく知ってんのねぇ…」
マツイの顔と赤は似合う、似合わないとカラー談義が飛びだしたり、関節炎のご婦人は、あたたかい土地に行けてよかった…と体験談を語ったり。

で、問題が生じています。それは「カレンダー」なんです。
銀座の伊東屋で売っていた「松井選手のカレンダー」が07年同様に今季発売せず。そのうえ、NYYでは掲載されていないし、まして来季はそのチームでもない。だからといって移籍したのは最近。LAエンジェルスのカレンダーにも彼の姿はなし…。個人カレンダーも、チームカレンダーもない。
さあ、みんな頭を抱え込んだ、どうしようか…。
「04年からオレの職場と家にはマツイのカレンダーを飾ってあったからなあ、寂しいよ」
「うちのお父ちゃんもおんなじこと言ってますよ、どうしましょうかねぇ」
しかたがない、LAAカレンダーを発注してみましょうかねぇ。他に手がない…し、ねぇ。
学習院ご卒業の方は、「あたし?ジーターよ。来年も!」 
あっ、そう…でしたね、聞いた私が悪かった。

ところで皆様、来年どんなカレンダーをお飾りする予定ですか。

人気blogランキングへ!
クリック よろしくお願いします。

…NY152…
by mlb5533 | 2009-12-23 15:11 | 第七章

気分転換!

気分を変えて。
あたたかいロスの気候と陽気な人たちをイメージして、デザインの変更です。

あんまり極端な変更ではなくて、少しだけいじってみました。また、少しいじるかもしれませんが、皆様も松井選手のユニフォームが見慣れてくるでしょうから、そのうちこのデザインもなれて欲しいです…。

よろしく!

人気blogランキングへ!
クリック よろしくお願いします。

…NY152…
by mlb5533 | 2009-12-20 15:10 | 第七章

MLBの道を行く

一昨日の夜、いつものメンバーが板橋駅付近の定食屋さんに集結した。
姫路の出張から帰ってきたビトウ君もあんまり美味しくない手みやげを持参しての参加だ。
話題はもっぱら松井選手の移籍。さまざまな意見や感想、今後の予想展開など、話は尽きない。なので、定食屋さんでの話だけでは飽きたらず、駅前にあるファミレスへ移動した。

ボクが松井選手の移籍が決定した日に、早速したのは、新規アドレスを1本追加したことだ。
いままでのアドレスはそのままにして、エンジェルスの松井選手に由来出来るように…。しかし、もうこんなアドレスは使われているだろうと思いきや、一発で取得できたのは幸運だった。以前取得できたアドレスも今ふり返るとラッキーだった。他の人がとっくに使っていると思ったが…。
そんな話から松井選手の話が始まった…。

「やっぱ、松井選手には赤って色は似合ってねぇなぁ…」という福島県出身のネモネモが言えば、
「そっだらことねぇってば、さぁ。赤ってええべな。めでたい色だぁ、紺とか黒ってなんだか怖くねぇか? 紅白歌合戦っていうくらいなんだから…」と、意味不明なことを主張するのは、いまだに東北弁が若干、抜け切れていないヨタヨタ君。
「いやいや。松井選手と赤の釣り合いだろ」と、理論的に説明し始めたのはビトウ君。「どうも、なあ…。巨人軍時代から見慣れてきたせいもあるんだろうけど、松井選手と赤の組み合わせって…。んーー」
「真っ赤すぎない? あのチームカラーは。朱色の方が松井選手にはいいかもよ」とは、学習院ご卒業のナオミ様の弁。
「…そのうち、見慣れるさ」
「でもさッ。紺がよかったあたしは、ねッ」とネモネモは自己主張を変えない…。
「だったらばぁ、再来年、またヤンキースにもどればいいんじゃないのぉ」ヨタヨタ君のこの一言が、みんなの話をねじ曲げる結果になった。
「それって、アリなの? アリ?」
「まあ、アメリカの野球だからさッ、そっだらことはあるんでねぇのかなあ…」
ビトウ君が、
「いや。再来年と言わず、来年シーズンの途中でもありうるんじゃないの、そういうことを言い出せば」
「そんなぁ。試合してんのに途中でも選手が移動すんのぉ? アリ、それって?」
「MLBは平気でやってる。オレ、知ってる」「そうなんだ…すごすぎだわ、それって」
「もういいよ、ばかばかしい。次の話題に移れってば」

ホームランは?
「絶対に増えますよ」とは、学習院のナオミ様。断言しています。
「監督さんが素敵よね。4番に固定しますよ、とまで言ってくれているそうじゃない。ということは、先発出場が多いし、チャンスに回ってくるし…」
「打点王、でしょ。決して夢物語じゃないよ、それって」
「ありうるなッ。松井選手は個人記録にはさほど意識の高い選手ではないにしても、もしそうなったら…」
「あたしさぁ、この前のニュースだったけど、松井選手を移動させたNYYって観客が減るかもしれないって言ってた」
「かもなッ。でもそんなことはあんまり言うべきことじゃない。少なくても7年もいたんだから…」

心配は?
「ヤンキースを過剰に扱わないこと…かな」
日本ファンもそろそろヤンキース礼賛主義から卒業しましょうってこと。松井選手はとっくにそんなことから、卒業しているはずですから…。
「名門名門って言い過ぎだよね、日本のメディアは。そんなことはわかっていることなんだから、言い過ぎると他のチームに対して失礼になるってこと。他のチームはじゃあなんなんですか?ってことになるじゃん」
そういえば、シアトルの友だちもこんな心配をしていた。
「名門チームでプレーしたけれど、LAAは名門になろうとしている。その力になれば…と、言ったとか言わないとか。実際にそうコメントしたかどうかは知らないけど、もしそうだったとしたら7年間もMLBにいて、ちっともわかってないなあ~。それもヤンキースにいたんだから…、とアメリカに住む人にしてみれば、これは言ってほしくなかったなぁ~、ってことになるでしょうよ。確かに日本人の感覚からすれば十分すぎるくらい理解できるけど、彼はアメリカで生活しているんだから…。昔、シンジョウって選手が変なことを言って、いつまでもESPNあたりでごちゃごちゃ書かれていたじゃん。これからは、ヤンキースという巨大な力背景がなくなったひとりのMLB選手という立場なんだから、コメントするときはこれまで以上に配慮しないと。面倒臭いとおもわず、アメリカで生活する以上、周りの人たちからもっとサポートを得られるように気配りしてほしい…かなッ。それが一番の心配」
「なんでぇ。力になりたいって、いいじゃん!」
「だから…そこだってば。MLBは市民球団なんだって。ヤンキー以外はねッ。おらがチームって意識なのよ。MLBの選手は全員それが大前提であることを承知した上でプレーし続けているんさ。マリナーズの24番、ジュニアがレッズに行ってもシアトルでは、ジュニアをシアトルに戻そう、というボランティア市民団体まで出ていたほどなんだよ。こんなことって日本で想像できる? ジュニアはシアトル市民の王様なのさ。シアトル市民にしてみれば、おらが選手、ってことよ。ヤンキースというチームはMLBのなかでも特別だし、特殊チームなのさ。他のチームを応援する人たちは自分のチームが名門もへったくれも、そんなこと関係ない。そう思っているのよ。聞こえようによっては、ボストンのMBA卒なんだぞぉ~~みたいな自慢する人間みたいに、偉そうに聞こえちゃうでしょうに…」
だから、ここが心配の種…。

本当の意味で松井選手がアメリカMLBで成功するためには、日本人の心と同等に、アメリカ気質を真に理解してあげることなのだろうとボクは思う。これからは、ヤンキースの看板も後ろ盾もないのだから。たったひとりの選手、であり、またその立場は7年間でようやく全MLB選手と同等になれた。
野茂英雄投手がどれほどの苦労を重ね、そしてあそこまでアメリカ人の心を掴んでいたか。なぜ、アメリカテレビ局が追いかけて野茂英雄投手の1時間番組を特別編成してまで全米の家庭に放映したのか…。ラソーダ監督さんはいまだに野茂投手を「おれの息子」と呼んでいる。

これから松井選手が歩むMLBの道が、ほんとうのMLBの道だとボクは思う。
移籍にあたって、ソーシア監督は松井選手に、
「膝が治ったら守備が出来るように、162試合でるようにしてください」とまでいってくれたと聞く。
この言葉をいうことが、アメリカ気質であろう。相手の欲しい言葉を贈ってあげること。一番気にしているであろうことをディープリケートする。会話に潜むジェントルなソーシア監督の人間性が伝わってくる。
人気もあり、集客でき、コマーシャルにも登場しているけれど、ほんとうの真価は誰がなんと言おうとも松井選手の「打撃にあり!」と、ボクは確信している。人気と実力にはもう誰一人疑う余地はない最高の選手だ。あとは…。ロスの日本人だけではなくて、そこに住むアメリカのご家庭の人々のことや、毎年移動しなければならないMLB選手の人生とともに生きていてほしい…。1シーズンでも多く、松井選手の打撃を見守っていたいから…。

名実ともにMLB代表選手になるのは、実は来季からの松井秀喜選手の「打撃」にかかっています。いや、彼にはもう「打撃」しかなくなった、と言いたいのです。ここが全MLB選手と同列になったということなのです。ヤンキースという特殊性はもうないのです。

だからこそ、松井選手ファンの皆々様。これからはフンドシを締め直して、今まで以上の絶大なる声援を、ゴジこと松井秀喜選手のために、送り続けましょう。

人気blogランキングへ!
クリック よろしくお願いします。

…NY152…
by mlb5533 | 2009-12-19 15:53 | 第七章

夢をそのままに…

松井選手の表情を見れば、それだけでボクはもう十分だった。
さわやかで、おだやかな移籍の記者発表。ソーシア監督まで同席してくれた。
a0094890_1272259.gif

来季は出番が多くなる。
ソーシア監督は「マツイは4番で固定しますよ」とまで言っている。外野守備とDHの併用だろうが、いずれにしてもエンジェルス側での松井選手に対する期待感はそうとうに大きい。
ファンは松井選手の膝が気になる。だが、この併用策が成功したとしたら…。
松井選手の移籍を恩師である長嶋監督がこんなコメントを寄せている。
「7年間プレーしたヤンキースを離れることは大きな決断であり、寂しさもあると思います。しかし、考え抜いた末に選手として最良の選択をした結果でしょう。新天地での出発を心より祝福したい。ユニホームは変わっても、松井らしい豪快かつ、ひたむきなプレーを期待しています」
長嶋監督のコメントは、松井選手ファンの気持ちをそのまま代弁してくれていた。確かに、ボクは7シーズンも間、ヤンキース・松井選手を見続けた。ワールドシリーズでの大活躍は伝説になるほどの勇姿を見せてくれただけに、別のユニフォームを着る姿を見るのは多少の違和感はある。
しかし、彼はそれほど「外野守備」にこだわったというこだろう。来季オープン戦までには、松井選手は久々に外野守備の感覚を戻すために練習してくることだろう。
出場試合が多くなり、4番固定となればNYY時代よりも打点があがる。個人記録にはとんと眼中にない松井選手だが、ファンとしては「大リーグ日本人選手初の打点王」の夢も見たくなる…。かつて、巨人軍・長嶋茂雄選手の記憶の打撃、が松井選手によって大リーグで見られるかもしれない。


そんな日を夢見て…。
ボクは新しい松井秀喜選手に、また声援を続けていきます。

人気blogランキングへ!
クリック よろしくお願いします。

…NY152…
by mlb5533 | 2009-12-17 12:14 | 第七章

それは確かに、ニュースだった。
本日、日本時間で午前中に「松井秀、エンゼルスと合意!1年650万ドル(5億8000万円) 」が報じられた。

朝、PCサイトでこのニュースはすでに知った。早起きしたのは今日、京都の歯医者をしている古くからの友人に治療してもらいに行くためだ。新幹線のホームでスポーツ紙でも買って、のんびりとその記事を読めると思っていたが、まだ締め切りに間に合った新聞はなかった。手持ち無沙汰だったが、帰りは京都駅でそのニュースの追いかけ記事を楽しもうと多数のスポーツ紙を買い込む。さっそく開いたが、どの新聞社もなんと原稿はPCサイトと何ら変わらない…。

一昨日の午後だ。
アメリカの友だちから「レント」の楽譜がどっさり送られてきた。ピアノ曲、3部と4部合唱曲まで詰め込んでくれた。来年この曲を使って音楽劇を創るつもりだがボク自身、「レント(RENT)」は残念ながらさほど好きな劇ではない。それはボクが日本人の文化で育っているせいだと思う。あの劇はボクには特殊すぎるし、そもそも「ボエーム」も実感が湧かない。ただ、音楽だけはことのほか素晴らしい。気に入っている曲が多い。
もちろん「ボエーム」のアリアもである。

「レント」というタイトルだけは気に入っている。
もともとボクたちは、この地球上にいるけれど、それは「レント」なのかも知れない…と、思わせるところが気に入っている。決して自分がお金で買い込んだ「私用物」ではなく、その場所は変わらないけれどそこで生活している人たちは入れ替わり立ち替わり、変わっていく…。「Seasons of Love」のシャープで、誰にでもわかるテーマ。決してハイテンポにならず、インテンポのまま歌われるこの歌声。幾重にも歌声がかぶさって音が厚みを増していく…。ハーモニーの教科書とは、まさにこの歌声でしょう。
そして、彼らは外に出て、また新たな旅を始めていく…。
同じ地上の中で…。

ボクはスポーツのことはよくわからない。でも、多少のことは覚えた。たとえばサッカーチームの「鹿島アントラーズ」。もし、スーパースター・ジーコが監督をしなかったとしたら…と、思うことがある。あれほどの熱気があっただろうか。しかし、ジーコ監督が去ってもアントラーズは3連勝している。
ジーコ監督はアントラーズを「レント」していた。

松井秀喜選手はヤンキースを7年間「レント」していたのである。ボクはそう思うことにした。
そしたらなんだか楽しくなってきた。
松井選手が行くチームは、なんとまあロスだとのこと。ちと、ボクは困った。というのは、ロスって街はでかすぎてさほど思い出も少ない。親近感もない。ボクがアメリカ本土に初めて足を踏んだのは、忘れもしないロスだ。女優・雅子さんの兄貴がボクを迎えにきていて、「なにが食べたいですか?」がアメリカでのはじめの質問だった。だから「アメリカかぁ、よし、ハンバーガー食わせろ」と言って、彼がボクを連れて行ったのはサンセット近くにある掘っ立て小屋のハンバーガー屋さんだった。ここのチリバーガーは美味しかった…。滅多にロスには行かないがそれでもこのバーガーが恋しくなる。いまでもあるのだろうか…。

NYに住んでいた人がLAに行けば、それはそれは田舎と感じることだろう。
でも、NYはある意味でアメリカではない。特殊な街だ。アメリカ人独特の人情味は地方都市の方が素晴らしい。これはボクの生活体験からだが。ニューオリンズ、クリーブランド、シアトル、そして南カリフォルニア地区…。みんな特徴のある人たちとそのご家族に出逢えた。

ベースボールチームはアメリカの場合、日本と違って特定企業が宣伝経営している訳ではない。地元民最優先である。彼らは地元チームは「おらがチーム」という意識なのである。しかし、ヤンキースだけは違っている。全国区、いや世界規模の市場を保っている。特殊なチームカラーだ。日本人の平均的知識人ならヤンキースはどの都市のチームか程度は知っているだろう。
それ以外の29球団は、地元民とスクラムを組んでプレーする。「アナハイム・エンジェルス」とて。そう言えば、ナッツベリーファームがあるなあ、ここには。ここはロスのディズニーランドよりも、ボクは好きだったわ。西部劇に登場するカーニバルみたいで…。過激なアトラクションが多かったようだけど…。LAは日本に近いこともあって、NYに比べて日本人が多かったことも覚えている。ナッツベリーファームは少なかったけど。
つい先日のこと。友人がこんなことを言った。
「シアトルってシカゴの中のどの辺なの?」とか、「30チームって多くない?!アメリカにそんなにたくさん都市があるって、ウッソ~~!!」
…あのね、ロサンゼルスのことをロスっていうのよ、ね。カリフォルニア州は日本国の面積の110%なのよ、ね。その州の中にロス市があるけど、ロス市の面積は岩手県くらいあんのよ、ね…。
「広くない?! それって」 ええ、広いですよ。それがアメリカ合衆国なのよ、ね。いろんな人がいるのは当然でしょ!

とにかく、紺から赤に松井選手のユニフォームは変わる。
あたたかな土地なので、開幕から飛ばしていけるかも知れない。LAAの戦力分析はまだまだ早いが、大砲がいないことは確か。守備もつくようなので出場試合数は今季よりもぐっと伸びる。ということは、いまのままなら松井選手への地元民の期待は大変だろう。大変だろうが、それに応えたら、えらいさわぎになりますよ、これは…。
…こんな事を書いてしまうと、なんだか、開幕が待ち遠しくなってきました。

松井秀喜選手の新しい旅の始まり、です。ある意味で、本当のアメリカチックになる松井選手の姿が想像出来ますぞ。
皆さま、松井秀喜選手の旅立ちに熱い拍手を送ってあげてくださいませ。

人気blogランキングへ!
クリック よろしくお願いします。

…NY152…
by mlb5533 | 2009-12-16 01:53 | 第七章