3連勝…

昨日の敗戦は…わがエンジェルスにとってはシンドイ結果になった。
3-2
わずか1点差で。

相手投手はシーズン途中からマリナーズから移籍したリー投手。大リーグを代表する実力左腕投手だ。この4連戦、エンジェルスにとって大事な試合であると同時にテキサスにとっても優勝するためにはここで大差を狙える好機でもある。
リー投手の獲得も当然、そこが狙いだった。その投手が4連戦のアタマで登板。エンジェルスの勢いを止めたい…。一方、エンジェルスの先発は、ウェーバー投手。エンジェルスの大黒柱であり9勝している右の本格派だ。

まさしくガチンコ勝負の試合だった。そして、今日。ウィルソン投手がマウンドに上がる。またしても、左だ。ここ数試合、松井選手は「左腕投手が打てない」とのメディアの報道が目障りだが、確かに記録的には事実だが「打てない」とは書きすぎ。安打になっていないだけだ。リー投手からの二塁打は、左中打だ。しかも、あとわずかで3試合連続の「アレ」になりかけた好打ではないか。
ピンストライプ時代、松井選手はむしろ「左殺しの打者」である。見慣れぬ投手と対戦が続く今季移籍の松井選手。
試合後、「確かに残念な負けだが、仕方がない。あした勝つしかない」と彼には珍しく、その悔しさをストレートにことばにしてくれた。勝ちたかったのだ。

さあ、今日になった。直接対決はまだ16試合もある…などと、夏休みの宿題でもあるまいし、後回しには出来ないのが現在のエンジェルス。ここで3連勝してほしい、いや、すべきです、しなければ行けないのです。
ここは勝負師・松井選手のバットに託しましょう。


…NY152…
by mlb5533 | 2010-07-24 07:35 | 第八章

ヘンなお話だが、松井選手はヤンキースタジアムがよく似合う。
ヤンキースタジアム。単なる点取りゲームに100%コミットしたチームが戦うグランドです。とにかく、1点でも多く得点することに全力を挙げること、その試合が見られるのが全世界の中でも特に、ここヤンキースタジアムなのです。ベンチのチーム作りも、投手陣も、そして打撃陣もただひとつのことに合意しています。「点取り」にコミットしています。これは、ヤンキースファンなら誰もが実感です。そして、このコミットメントがこのチームの歴史を作っています。
そんなチームに松井選手は7年間在籍して、昨年悲願のワールドシリーズ制覇を達成して、MVPにも輝きました。しかし…。

そして昨日の試合です。
a0094890_6501578.jpg

6回、無死二塁の場面でヤンキースに戻ってきたバスケス投手から2試合連続の2ランホームラン。
3-6から1点差に詰め寄る貴重なホームランを放ちました。スタジアムの観客は相手チームのホームランでありながら、なんとなんと大歓声をあげました。この現象はこのスタジアムでは絶対にあり得ないことでした。なぜ相手チームが「得点」してにもかかわらずあんな大歓声があがるのでしょうか。
ヤンキースタジアムの「コミット」から反していますよ、ね。不思議な選手、松井秀喜選手の存在。

こういうことをなにげに、そして平然とやってのけるから松井選手から目が離せないのです。ドラマが好きなボクにとって彼の存在は、単純な点取りゲームでしかない野球なのに単純にさせないなにか、を感じさせてくれる。

しかもだ、この試合で松井選手はレフトの守備についたのですよ。ヤンキースタジアムで…。さあ、どうしましょうか…。ベンチの表情でも撮影しましょうか、と悪戯心さえ起きてしまいます…。それにしても、松井選手がレフトの守備に就いた姿には、不覚にもちと目頭に熱いものを感じてしまったのです。彼は、「これ」をしたかったのだから…。そして、6回表に「アレ」をやっちゃいましたね。
a0094890_6515091.jpg

松井選手を「DH専門選手」とレッテルを貼ったのは、このスタジアムの運営陣でした。
ユニフォームの色が違っていたものの、ボクにはヤンキースタジアムではこのエリアは松井秀喜がいる場所だ、といまだに思い続けいる。本人もまた、その事にこだわった。だから、ユニフォームの色を変えてまでも、こだわりを認めてくれるチームに移籍したのだろうと思っている。

もうすぐ8月になってしまう。打率.248ははっきり言って今までと比較したら最低です。ホームランの数もまだまだ遠慮している感があります。数字はパッとしないものの、昨日の試合での松井選手の活躍を持ってくると、希望が見える。いやいや、希望などとは失礼。大爆発の前兆を予感される。

感傷的になっている暇はありません。今日から首位テキサスとの4連戦です。前半戦が終わりに近かった頃、対テキサス戦がありました。その頃松井選手は「そんなにヤマ場ではないです」と軽めの感想を述べていたようですが、昨日は全く違っていました。
「大事な試合になるでしょう」と。彼がこうコメントしているのです。誰が見てもテキサスとのこの4連戦は「10月決戦」を見据えての大切な「点取り合戦」になるはずです。エンジェルスは絶対に、「勝ち越し」にコミットして戦わなければ…。5ゲーム差はそう簡単には縮まりません。一気に縮めるためにはどうしてもこの直接対決での「勝ち越し」が必要です。そして、相手チームもまたエンジェルスとのゲーム差を一気に突き放して「10月決戦」を優位にしたいはずです。この4連戦がエンジェルスには今季最初の「ヤマ場」といえます。悪くても3勝1敗です。キツイ数字ですが、「10月決戦」に残りたいのならなんとしても自力で3勝しなければ…。
a0094890_6523310.jpg

そんな試合が今日です、今日。
さて、大爆発がみられますか…。

(写真はスポーツサイトより)
…NY152…
by mlb5533 | 2010-07-23 06:39 | 第八章

ようやく、ホームランが飛び出した。
あの満塁150号を放ったのは6月27日だから、およそひと月ぶりだ。

移動日をはさんで、ヤンキースとの2連戦。昨年までドジャースにいた朴投手から17試合、68打席ぶりのホームランだった。
ヤンキースタジアムはその瞬間、大歓声に包まれた。
「予想はしていませんでしたが、非常にうれしい。皆さんに感謝しています」そう松井選手はコメントしていた。

確かに今季、成績が表しているように満足できる打撃にはなっていない。例年のような長打も出なくなっている。そんな不振の長引く松井選手が、ヤンキースタジアムでホームランを放った。この一本は、ボクには今季もっとも「美的本塁打」と印象に残った一本だ。感傷的、という意味を含めて…。
美的もいいけれど、やっぱりボクは豪快、技巧、勝負師的本塁打をもっともっと数多く見たい。また、それをいままで実現してくれたのが松井選手ご本人。
ということは、…そうですよ、いきなり爆発するのがこの人、松井選手でしたね。今日の試合が見物です。スタジアムの観衆もそんな期待をしているでしょうから。

さあ、本日です。

…NY152…
by mlb5533 | 2010-07-22 06:30 | 第八章

14試合ぶりの長打!

後半戦がスタートして、エンジェルスは目下2連勝。
しかし、西地区のテキサスが相変わらず強い。ボストンを相手にしてもこちらもまた2連勝だ。
ゲーム差4.5は一向に縮まらない。消化試合数が、93。テキサスは90。3試合エンジェルスは多い。これが少し気になる…。

昨日、松井選手が14試合ぶりに長打2塁打を放った。相手はマリナーズのエース・ヘルナンデス投手からだった。打点にも得点にも絡まなかったとは言え、技ありの一打。こういう打撃が戻ってくれば安心。ご本人も球宴前、「満足していません」とコメントしているように、長い大リーグ生活で最もよくない数字が並んでいる。
ただ移籍した選手、特に地域を越えて移籍した選手はそのシーズンはさほど記録は伸びていないのが通例だ。打者は慣れない投手を相手にすることになるからだろう。

そうはいっても、後半戦。前半戦で戦ったチームとの対戦が続くので、そろそろ投手には慣れてきた頃だ。松井選手のこと、このままでシーズンが終わるはずはない…と信じている。
チーム力をアップさせるためにも、松井選手の豪快な打撃を期待したい。

所用が続いてしばらくこのブログとは関われなかったが、なんとか時間を作って松井選手の活躍を応援していく記事を続けなければ…。
「夢」はひとつ。今年も「10月決戦」に残っていることなのだから…。


…NY152…
by mlb5533 | 2010-07-18 07:34 | 第八章