素晴らしいホームランだった。
a0094890_2312681.jpg

ここしばらく、いや今季に限ってだがさほどチャンスに打てていなかったように感じる。残り試合30だ。通年だと、この時期には打点は80~85程度はあっていい。これは個人的な感想だが、松井選手は「打点王」を狙って欲しい。

右翼2階席まで運んだ特大の17号2ラン! 
今日のホームランを見ていると、久々にNYY時代を思い起こさせてくれた。いろいろとメディアは来季のことで書き立てているが、まだシーズンは終了していない…。まだ30試合もある。確かに今季はいろいろとあったが、松井選手はまだまだ打席に立つ。30試合、彼の勇姿を見ていこうではないか。


…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-31 23:12 | 第八章

ここまで来ると、もはや楽しみは松井選手個人の活躍か…なんて、少々弱気になっていたのです。
とは言っても、やはりベースボールは団体戦。チームとチームの激突だからいくら個人ががんばったところでうまくはいきません。

ヤンキースはついに若き軍団レイズに首位の座を明け渡してしまうし…。いまや東地区はNYY対BOSではなくなりました。3年前から東地区の目玉はレイズに様変わり。
ロンゴリア選手を打撃の柱に、投手陣はきっちりと回っていくこのチーム力の安定感はMLBでももはや屈指の軍団です。

そのレイズを相手に3連戦となれば、ボクの筆も、ちと、止まりがちです。
現在のエンジェルスは5月からメキシコのガッツマン・ケンドリー君が負傷したままという戦力低下の中で、どうしてもその穴埋めと期待感は松井選手一身にかかっていました。松井選手ファンとしては、NYY時代とここが違っていると感じます。勝敗の行方をどうしても彼の打撃結果に焦点が当たりがち。ヤンキース時代では、さほど派手なプレーをしなくても、あるいは4タコでもチームは勝てる戦力でしたから彼の打撃結果をとやかく言いませんでした。でも、これだけの戦力(失礼!)しか整っていないチームですから、どうしてもMVP選手の勲章は目立ちます。期待感も他の選手以上になるのも当然。レイズ相手に苦戦が予想されました。
しかし昨日は松井選手が3安打1打点の猛撃。レイズの新人投手で彗星の如く今季先発の柱になった10勝をあげているデービス投手をひとり打ち込みました。

そして、今日。
相手投手は長身のニーマン投手。10勝しているレイズのエース。初回、満塁の場面。その初球だった。多少上目に来た速球をバットの芯がとらえた。
乾いた打撃音が響き渡る。打球はそのまま右翼線への走者一掃の二塁打!逆転です。
結果は、
LAA 12-3 TB
の大勝でした。NYYは昔からTBに弱いところがありましたが、松井選手だけはレイズ戦はひとり爆発しています。レイズにとって松井選手の存在はまさに鬼門でしょう。
a0094890_1612555.jpg

試合後、安打数が長嶋茂雄監督さんの記録を更新したとのインタビューがありました。
この逆転二塁打の一打で日米通算の安打数を2472(うち日本で1390)です。恩師の長嶋茂雄元巨人監督の2471安打を抜きました。数字としては本塁打(444)は昨年4月に、打点(1522)はことし6月に超えました。
それでも松井選手はこう言います。
「自分の中で監督の安打数と比べるとか、そういうものはない。ボクが打って喜んでくださればうれしい。打席の中の感じはいい。続けていければいいと思う」と。相変わらず、松井選手は個人記録にはさほどの関心を示しません。そんなことよりも、チームが勝つこと、それだけを大切にして打席に達続けています。

安打を続ける10試合で37打数18安打12打点。レイズにとっては、困ったヤツでしょうね。
あきらめるのは、ちと、早いか…。


…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-26 13:57 | 第八章

松井選手の16号3ランが飛び出した!

今日は久々にゆっくり出勤日。なので昨晩、DVDを大量に借り込んで、見たくて我慢していたハン ヒョジュさんの新作ドラマを一気に鑑賞。韓国の友だちから聞いた話ですが、なんでも彼女って、マツイファンのはずだとか。ほんとかいな? MLBを追っかけているそんな粋な韓国女優さんっているのかなあ…? なら、うれしい限りですが、ね。

さてさて、久々に今朝はBS中継観戦です。お手製のアイスコーヒーをテーブルに置いて、いざエンジェルスの試合を。相手は今季やられっぱなしのボストン。しかも、先発はベケット投手。調子を落としているとはいえ、いくらなんでもベケット投手が相手です。ちと、いやな感じ…。
4回裏、オルティーズ選手のソロホームランで先制され、アラまたかぁ、と思いきや、6回でした。
イズクリス選手、カラスポ選手の連続二塁打で同点として、ハンター選手のヒットで三連打。走者1,3塁の好機だ。
ここで松井選手が打席に立ったのですよ。

ベケット投手とはNYY時代からのガチンコ勝負がボクの目に焼き付いたまま。
第1打席は球の下を叩いてフライに。第2打席は外に流れていく球を空振り。さあ、この打席は…。
その初球だった。
インサイド低めに球は落ちていく…。松井選手はまるでその球が来ることを知っていたかのように、軽々とすくい上げるようにバットを振り抜いたのですよ。
a0094890_158683.jpg

飛びました、飛びました。ライトセンターに舞い上がった白球はボストンブルペンに放り込む16号3ラン!
かなり難しい球なのに試合後、松井選手は「そんなに難しいボールじゃない」とおっしゃったのでございますから、きっと打撃の調子は「いい」ようです。最近出場した5試合で打率5割、2本塁打6打点。気がつけば打率も.255に急上昇。チームも勝率を5割に戻ししました。

西地区首位のテキサスは67勝で足踏みが続きます。昨日までレイズと3連敗して、今日はお客様のまずのボルチモアにも負けて、これで4連敗。野球はなにが起きるかわかりません。
エンジェルスはこれで61勝。明日からミネソタと3連戦。3連勝したら…なにが起きるかわかりません。

あたしも松井選手の「アレ」が飛び出せば、おもしろくなってきます。
さあ、あした、明日!


…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-20 15:09 | 第八章

昨日だ。
松井選手が今季初の4安打の大暴れ。しかも、ブルージェイズの左腕、ブレッド・セシル投手からだった。試合は、
LAA 7-2 TOR

初球打ちの先制2ラン。これも最近では珍しい。
「内角よりの直球に非常にいい対応ができた」「いつも言うけど、打つべきボールをちゃんと打てた。それだけだと思う」
最近、左投手は打てない、とのレッテルを貼られていた松井選手だがそんな風評もどこへやら。

いずれにしても、こういう日が少なかったのが今季。NYY時代のようなつなぎの打法から試合を決める大砲として要求された感じがする今季。出会う投手も初物揃い。打撃もついつい力みがちになっていたけれど、昨日はすっかり「ふうつ」の松井選手です。
このまま「ふつう」にやり続けて欲しいものです。

今日はトロントンにやられましたが、いよいよ明後日は移動日を挟んで「ボストン」です。
そう、松井選手のファンの方々なら「おいしい!」とニタリ顔になるでしょう、その3連戦です。
果たして…。「ふつう」の松井選手なら、「いつものように」打点稼ぎをしてくれることでしょう。
チームとしては、もう後へは引けません。期待しましょう。

…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-16 08:46 | 第八章

決着はまだ先…

例年、この時期はともだちと集まって芝居の練習をしているのですが、今年は舞台が月初めだったことから本業も棚に上げての特訓が続きました。無事に終わって、ボクの今年の夏は終わりました。また、本業に戻る時です…。

まだその後処理が少し残ってはいるのですが、そんなこんなでMLBとは長期間のご無沙汰でした…。
まるで玉手箱を開けた浦島太郎みたいな心境で、恐るおそるサイトを覗いてみたのですよ、ね。
この仕事が一段落するまでは他に気を取られまいと、我慢していました。

まずエンジェルスの順位。ヤンキースの順位、ミネソタの順位…ドジャースの順位とメッツの順位。
レイズの躍進は相変わらずでしたし、今季のパドレスは本当に強くなっていた。
現在の数字ではエンジェルスの「10月決戦」進出はかなり難しいようです。マリナーズがこれほど苦戦するなんて開幕当時、誰も予想していなかった。ワカマツ監督が解任になるほどとは。イチロー選手の200安打もあと8週間で55本…。んーー、楽な数字ではありませんねぇ。

松井選手が不調だとメディアは書き立てています。ちと、書きすぎでは、と不快感さえ感じました。松井選手がホームランを打っても、負ける試合もあります。逆に4タコでもチームが大勝することもありました。ただ昨年のワールドシリーズで見せた「あの大活躍」を期待しすぎている感が開幕当初からあったのでは。チームの力は絶対に総合力です。投手力、打撃力、守備力などが加味するものです。確かに、4番を張っている選手が打点を挙げないのは勝ちにつながりません。そんなことはご本人が一番よく分かっていること。期待しすぎた記事で埋め尽くさずに、日本の代表選手をメディアが汚して欲しくないなあ…なんて、久々にサイトを読んで感じました。
かつての野茂投手をそうしたように…、それだけは避けて欲しいなッ。

ボクはまだ個人的には諦めていません。エンジェルスの「10月決戦」進出を。ベースボールって何が起きるか全く皆目見当もつかないからです。テキサスは数字的には圧倒的に「優勝」する可能性が大きいです。ワイルドカードでも現在の数字ではエンジェルスが残る可能性はほとんどないでしょう。

ま、今日からまたじっくりとMLB観戦を楽しみます。
そして、松井選手の活躍を見守っていきます…。「アレ」を見るために。


…NY152…
by mlb5533 | 2010-08-11 10:28 | 第八章