背番号「2」の伝説

ボストンレッドソックスのエルズベリ-選手の背番号が昨季、46番から2番に変更になった。背番号「2」と言えば大多数のMLBファンなら、ヤンキースのジータ選手を思い浮かべるだろう。
ヤンキースでもそうだが、背番号の一桁台は歴史の長いチームのボストンでも永久欠番が多く、そのなかで「2」を付けたエルズベリー選手はチームの顔として認められたに違いない、とボクはそう思った…。

この選手はデビューした07年からボクのお気に入り選手のひとり。
07年と言えば、ボストンが04年に次いで3年ぶりにワールドシリーズ制覇を達成したシーズンだった。新人のエルズベリー選手は「10月決戦」の11試合で打率.360。25打数9安打2盗塁と大活躍。1番打者としての大仕事を見事に成し遂げた…。

どんな球にも腰を引かない左打席での彼の姿は、一種「美観」さえ漂う。アメリカインディアン・ナバホ族初の大リーガー選手だ。高等学校卒業時にタンパベイにドラフトされたが、大学進学を選んだ。オレゴン州立大を卒業して、ボストンに指名されて入団している。どこかトムクルーズに似たその風貌に、都会的とはいえないが芯の強さが感じ取れる。

08年にレギュラーになり、09年には打率.301。得点は98、94と先頭打者として申し分ないかつやくだった。しかし、背番号「2」になった昨シーズン、守備のトラブルで肋骨を骨折してシーズンを棒に振ってしまった。

そしていま、開幕当時はまだまだ本調子ではなかったものの、あれよあれよという間に打率は.260をアップ。得点はすでに15を数える…。

エルズベリー選手が日本ファンにもその俊足を披露したシーンがあった。09年のことだった。ヤンキースが久々にワールドシリーズを制覇して松井選手がMVPになった年だ。
このシーズンが始まって間もない4月26日の対ヤンキース戦でのこと。ペティット投手が先発していた。
5回裏2死満塁、3塁走者がエルズベリー選手。NYY 1-2 BOSだった。
投球カウントがB1-S0。ペティット投手が投じた瞬間、3塁からエルズベリー選手がホームスチール!
驚異の「セーフ!」
スタンドからは大歓声が上がった。ベンチは大拍手と歓喜、戻ってきた若きエルズベリー選手は先輩らにもみくちゃにされていた…。
「失敗したら最悪だったが、(相手投手の)アンディ・ペティットの投球を見て、絶対に成功すると思ったから行った」と、メディアにコメントしている。
a0094890_116357.gif
彼は27歳。ひとつ年下にサンフランシスコジャイアンツのティム リンスカム投手がいるが、こちらはアメリカを代表するバリバリの現代っ子。長髪をなびかせてのロックスター並みの人気者だ。そんな彼らに比べれば、エルズベリ-選手は古いアメリカを感じさせてくれる。チームの勝利に直結するプレーを連発する。外野守備でも好守備を披露してくれる。昨日今日ともに、3安打の猛打賞だ。好機に三振すると、多くの選手はふてくされたような表情をするが、彼はそんな仕草を絶対にしない。肩を落として祈るような仕草にさえみえる深呼吸をしてしばらく打席で固まっている。そんな古風な若者だ。
ボクは、いい選手だなあ…と視線は釘付けにされる。こういう選手がMLBで活躍しているからボクは目が離せないのだ。彼らの日々プレーする姿がボクに物語を綴らせる。試合を観戦するボクの心を熱くしてくれる。彼らがグランドでプレーする日々になんの躊躇いもなく、大声援を送りたくなるのだ。
ボクは確信する。エルズベリ-選手は今季このペースを持続すれば、間違いなく夢の球宴オールスターに選ばれる、と。そう思うと、エルズベリ-選手対ティムの対決が実現して欲しいとさえ、ボクは夢みる。

背番号「2」は、決して弱音を吐かない。決してグチらない。常に全力でプレーしてくれる選手が背負っていい背番号だ。チームの顔とも言える選手なのだから。

今年のボストンは出だしこそノロノロしているものの、やっぱりそこはそれ伝統ある「ボストン」に違いない。注目する価値はある。
とくに、エルズベリ-選手が背番号「2」を背負っている限りは…。
a0094890_1153020.gif


…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-30 01:20 | 第九章

さまざまな監督さんや野球評論家たちが言っていたことばを痛感した。
「投手の生命線は速球よりコントロール」と。
今日の試合がこれを証明していた…。

オークランドにとって相手はデビューしたてのチャットウッド投手。先頭打者・クリスプ選手が3球目の真っ直ぐを弾き返して、ヒット。立ち上がりなのでチャットウッド投手の制球がまだ定まっていない。一気にたたみ込めそうな雰囲気だが、クリスプ選手が盗塁。あきらかにセーフだったが、勢い余って足がベースから外れた。アウト。
これで安心したのかチャットウッド投手は低めに球をコントロールし続けた…。

マッカーシー投手はいつものコントロールが出来ない。カーブがことごとく外れる、流れた。
3回に逆転したもののその裏の攻撃であっさりと再逆転。あとはロスのペース…。

ここ数試合、オークランドは投打がかみ合っていない。ジャクソン選手が今季初の1号2ランを放ち、次ぎに松井選手が打席に立つ。バットが折れてもライト前に運んでのヒットだが、これもバットが折れなかったら「アレ」だったろう。

今日はロスのいいところだけが目立った試合。どうも調子がいまいちなオークランド。気分転換でもして明日に備えよう。


…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-27 15:32 | 第九章

残り、7打点!
そうです。松井選手の大リーグ通算打点のことです。
あと7打点を弾き返せば、大リーグ記録通算で「700打点達成」になります。

06年は「例の」アクシデントでシーズンを棒に振りましたし、08年は膝が故障していたので思うようなシーズンを送っていませんでしたから、実働7シーズンでの達成、ともいえます。
ザックリ言い過ぎましたが、03年から今シーズン11年までの出場試合は現在1082試合で、打点が693打点です。

松井選手は個人記録にはとんと私欲のない選手ではありますが、ボクは単純にこの記録は「凄まじい」の一言しかことばで表現できません。大リーグの打者としてこれほどド明確な勲章はないと思っています。かつてのヤンキース監督さんだったトーリ監督さんが「ヒデキのホームランで最も印象的だったのは、センターに打つ込んだホームランだ」と言っていましたが、あの試合はとにかく「1点でも欲しかった」場面でした。MLBのほとんどの選手は「犠打」や「進塁打」という概念を大切にしている選手は数少ないようです。この辺が、日本と米国の野球教育の差なのでしょう。この是非論はさておき、トーリ監督さんは「はじめヒデキを見た時は、ブンブン振りまわす打者だと思っていた」そうです。しかし、「ヒデキはベースボールを知り尽くしている。それは彼の打撃を見れば誰にでも理解出来る」と。チームプレーに徹した選手であることを賞賛していました。センターへのホームランは、悪くても「犠打」ですが、確実に「1得点」入る場面。それを堂々とセンターにホームランしてくれたのですから、監督さんとしてはうれしかったことでしょう。「チームの勝ち」の確率がアップしたからです。

ベースボールは矛盾のゲームです。
絶対に打つという打者を、絶対に打たせないという投手の「矛盾」のゲーム。勝ちは「得点の多いチーム」です。つまり「打点」を上げないと、勝ちにはなりません。MLBには150キロ以上の速球を投げる投手はゴロゴロいます。なんとも表現できない変化球を駆使する投手もたくさんいます。
そんな投手を向こうに回しての「700打点」は、ボクならずとも「驚異」に感じることでしょう。

その記録がいま目前です。なんとしても上位チームとの対戦であるこのカードで、「アレ」とともに達成し、チームを「勝ち」に導く打点を見せて欲しいものです。
a0094890_10573966.gif


…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-27 10:39 | 第九章

なんとかしましょう…

どうしようもない…、よすぎました、ウィーバー投手は。これでロスのウィーバー投手は今季早くも無傷の6勝目。

まずは得点力をアップしないと…。なんて思ったりもしました。
もう明日から、松井選手の打順をあげてもいいのではないか、と思いますが…。なんて思ったりもしました。
今日の打撃を見ていたらそろそろ「アレ」が出ますよ…。なんて思ったりもしました。
いずれにせよ、明日はなんとかしましょう…。なんて思ったりもしました。
チーム力アップ!
a0094890_19514756.gif

…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-26 19:53 | 第九章

明日から上位と5試合!

出張先から戻ってじっくりとボックススコアを読ませていただきましたが、「もう~、じれったい試合」ばかりだったようですねぇ…。

ほとんどが、「ここで1本」が欲しい場面で、それが出てない。3連打しても、満塁とか…。無死三塁なら、犠打でいい、と思ったのですが日本野球ではなくてここはMLB。その戦法はとらない。
連係プレーも良くないのか、ちと、内野陣のエラーが多いような気もしますが…。

勝ち星を「貯金」していて欲しかったのですが、4勝4敗のイーブン。
明日からは、今季初のロスとテキサス戦です。上位チームとの対戦ですが、ちと、不安になってきましたぞ。ここはもう、勝負師・松井選手を常時4番に据えての戦法がいいかも。
しかし、いつも感じるけれど、オークランドの投手たち、いいじゃないですか。これだけの投手陣です、もっと得点アップの「スモール野球」でもなんでも、してください。絶対に勝ち星が増えます。そして、イージーなエラーは削除しましょう。

ロストの対戦が2の1なら上出来。もしそうなったら、13勝12敗で並びますから。
4月は残り5試合です。勝ち越して5月を迎えたいものです。


…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-26 00:08 | 第九章

あすを「夢」みて

個人的には、明日から富士山麓方面に4日間出張です。
この大事な時に。いたしかたありません…。

で、今回だけは久々にPCノートを持って行きます。なんとなく「いい記事」が書ける予感がしたら。そんな「夢」をみています。
よろしかったら、コメントしていただければ幸いです。
松井選手と、目下やたらに熱いオークランドの仲間たちに是非声援を送ってくださいませ。

よろしく!

a0094890_1282178.gif










…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-21 01:32 | 第九章

「許せ オカジマ!」
と、テレビ前で叫んでしまった…。
a0094890_18392159.jpg
この日、久々にMLB復帰したばかりのボストン岡島投手。松井選手にとっては、日本球界での元同僚。お互いに大リーグで切磋琢磨しあう仲だけに、松井選手としてはオカジマの立場は痛いほど理解出来るが、しかし…。
しかし、ここはガチンコ勝負する場面だった。

a0094890_18422191.jpg今日の松井選手はそれまでの3打席、なかなかフルスイングさせてくれる球が来ていなかった。凡退が続く。試合は、OAK 1-0 BOS の緊張が7回まで続く。23才の若きアンダーソン投手は絶妙なカーブを駆使して、スズキ君のミットめがけて内側に、外側にも、さらには真っ二つに割れて落ちる満点の制御だ。ボストン打線は若きアンダーソン君の投球をなかなか崩せない。初回、クリスプ選手が安打して犠打で生還した虎の子の1得点だけが重くのしかかってくる…。
8回までボストンは得点出来なかった。スタンドは緊迫した雰囲気だ。

やがて、8回裏を迎える。
ペニングトン選手が2塁打したところで、岡島投手がマウンドに。ボストンは「1点もやらんぞ」とばかり、内野は前進守備。バートン選手が前進守備陣形のド真ん中を抜ける見事な「センター返し打」を放つ。
ようやく追加点が取れた。
OAK 2-0 BOS

a0094890_1846513.jpgボストンを相手に勝利を決定づけるにはまだまだ2得点では不安だ。
3番・デヘスース選手が三振。4番・ウィングガム選手が四球。これで2死1,2塁になった。
ここで左の松井選手が左の岡島投手と今シーズン初の対戦シーンと、お膳立ては整う…。
本日、3凡打の松井選手だったが、ゲレン監督さんはそのまま打席に送り込んだ。これはもう、両監督ともふたりの日本人プレーヤーに絶対的信頼を寄せている証拠だ。だから、ガチンコ勝負するしかない!
復帰を飾りたい岡島投手対左でも絶対に打つ選手と信頼された松井選手。ふたりは元同僚だ。しかも、MLBになってから松井選手は岡島投手を攻略したとの実績は…さほど…ないのが事実。そんなデータはとっくに知っておられるゲレン監督さん。でも、松井選手をそのまま打席に送り込んだ。

さあ、そんなノスタルジーは、ここまで。
いざ、勝負だ!

ふたりの凌ぎ合いはフルカウントまで続いた…。そして、運命の6球目。
どうだろうか、やや甘く入ったカーブのように見えたが…。松井選手のバットが白球を痛打した。
ものの見事に中右方向に打球は飛んでいく。「アレか!」と思われたが、フェンスに直撃する2塁打だった。スタンドの歓声が、太平洋を越えたここ板橋のアパートまで響き渡った…。
2点タイムリー、だった。
1塁走者まで生還出来るほどの長打である。

OAK 4-0 BOS

さらには、スズキ君がまたしてもセンター前にヒットして、松井選手の代走・スィニー選手が生還して、
OAK 5-0 BOS

試合は、決まった。

後半に強くなったアスレチックス打線。こういう試合展開は、個人的に好きです。
こうした試合はヤンキース時代には多かったけれど、昨シーズンはさほど見られなかった。今季の試合の中で、ボクには忘れられない印象的な試合になりました。あまり関係ないかも知れませんが、スタンドのお客さん、多くなりましたね。
そんなこんなで、いま、アスレチックスがおろしろい!
a0094890_18381624.jpg



…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-20 18:47 | 第九章

早々と「首位攻防」

今日はオークランドは試合がありせん。ボストンの遠征が来るのを待つための休暇です。
松井選手の出場は無かったのですが、ア・リーグ、ナ・リーグの西地区の試合には関心が向きました。

というのも、両リーグともに西地区では、早々と「首位攻防3連戦」が始まったからです。
松井選手のいるオークランドはア・リーグ西地区。目下首位は10勝同士のテキサスとロス。今シーズンの戦いぶりと両チームの力を予感させるゲームとして注目していました。
結果は、
テキサスは今季移籍したベルトレ選手の大活躍で、
TEX 7-1 LAA
での大勝でした。
まだ勝ち星のないサンタナ投手を打ち込んでの勝利でした。

一方、ナ・リーグは、昨年のワールドチャンピオン・サンフランシスコジャイアンツとコロラドロッキーズだ。
実は個人的にはこっちの試合にクギ付けになっていました。
今日の先発は、SFCはあの大注目の26才ティム投手、コロラドはデビューしたばかりの25才・ロジャース投手。両チームとも若手投手の先発だった。ロジャース投手はすでに2勝無傷。絶好調のコロラドを象徴しているかのような投手だ。ただ、今日の相手はなんと言っても、人気絶頂のティム。野球とは全然関係ないギャルまでスタンドに呼び込むほどの人気者だ。
注目の立ち上がり、ロジャース君は早々と捕まってしまう。2者連続ホームランなどで初回に5得点を許す。2回にもソロホームランを浴びで6-0。
ティムは全く遠慮無い投球が続き、6回まで無安打…。7回に1得点されて交代したが115球を投げた。
今季も「巨人軍」が強い。いや、強さは昨年以上かも知れない、そんな気がした今日の試合でした。

ボクの個人的な楽しみがあります。今季、5月20日~22日、オークランドはジャイアンツのホーム球場で試合です。右翼席に飛ばせばホームランボールが海にポチャンと入るあの球場です。ワールドシリーズMVP選手・松井選手が、昨年のワールドシリーズ大活躍のこの若き投手・ティムから、「アレ」を打ち込んでくれるのでは…と、楽しみにしています。
そうですね、そうですとも。ティムも松井選手同様に「背番号55」ですから。
a0094890_17202516.gif

…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-19 17:20 | 第九章

このペース!

昨日今日と2連勝して、ひとまず13連戦は7勝6敗の勝ち越しで終わり、開幕からの成績を8勝8敗の5割に戻しました。

a0094890_14164954.gif
今日のケーヒル投手は昨年18勝したチームの勝ち頭。一昨年デビューしたての新人投手ですが、先発の柱になって、いきなり10勝したオークランドの期待の星でしょう。
昨日は打線が派手に爆発して勝ってくれましたが、この試合では、昨年5月、レイズ戦でMLB史上19人目となる完全試合を達成したブレーデン投手でした。

a0094890_14181728.gif16試合をふり返ると、打線よりも投手陣の活躍が目立ちます。
やはり、オークランドは「投手力先行のチーム」なのでしょう…と、そう思われがちです。でも昨シーズンとは明らかに「勝ち方」に違いがあります。それは昨シーズンの4月の成績と比べてみると一目瞭然なのです。
昨シーズン、オークランドは確かに開幕ダッシュに大成功しましたが、4月の試合は3,4連敗とドタバタして勝ち星を減らして、結局そんなペースがシーズン最後まで続きました。
ところが今シーズン、派手な連勝はない反面、派手な連敗もないのです。同一カードで「Sweep」されてもいないし、してもいない。必ず最低1勝は出来ています。162試合あるMLB。地区優勝を狙うためには、着実に得点(勝ち星)を蓄えていくことが肝心。そう言えば、ヤンキースは毎年7月までは5割強の勝率でなんとなくブラブラしています。今季は珍しく独走態勢に見えますが、それはボストンとレイズの計算違いがヤンキースに幸いしている気もしますが…。いずれにしても10勝も出来ていませんから、いつものペースでしょう。ヤンキースは「ここ一番」の試合に全勢力を注ぎ込むチームです。それがこのチームの伝統であり、「勝ち方」をよく知っていると言われる所以です。7回以後にビックイニングを創るのはヤンキース独特の攻撃です。



オークランドもこのペースを維持して欲しい。
a0094890_14194054.gif
早々と「首位狙い」などせずに、着実に勝ち星を蓄える「ヤンキース戦法」でいいと思いました。なぜなら、オークランドはなんといってもこれだけの若き大投手が勢揃いしているチーム。決して「Sweep」されて、大敗するチームではないのです。現在、テキサスとロサンゼルスがともに勝ち星を10にしていますが、明日から両チームが直接対決して、星の獲りありです。一方、オークランドは明日からの9連戦の相手はボストン(2連戦)とシアトル(4連戦)、そしてロサンゼルス(3連戦)です。
最近ようやく調子が戻ってきたボストンとはいえ、現在のチーム力ならボクはオークランドに勝算大と予想します。シアトルには失礼ですが、この4連戦はオークランドの「貯金試合」にさせていただければ幸いなのですが…と、思っています(シアトルファン様、失礼!)。出来たら、4勝2敗、12勝までにはして欲しいです。
この6連戦で調子を上げてから、ロスとの対戦に臨む…と言うのが、ボクの台本です。

a0094890_142035100.gif
そんな予感をさせてくれたのが、昨日今日の2試合でした。
昨日の試合、4回表。デヘスース選手、ウィリンガム選手、そして松井選手の3者連続2塁打。スズキ君もヒットして、一気に3得点です。ボクもそれなりに長々と野球観戦してきましたが、3者連続2塁打というのはそうそうお目にかかったことはありません、ハイ。しかも、打ち込んだ相手投手はデトロイトの大黒柱・バーランダー投手でしたから。ただし、欲を言わせてもらえばもう少し得点を取れたのでは…と。続く5回も同じ気持ちで観戦していました。ブレーデン投手の好投と継投がうまくいっての勝ち星。今日は5回、満塁からウィリンガム選手がヒット。松井選手も先制点を挙げています。

オークランドアスレチックスの投打のバランスが整ってきた…そんな感じがしてきました。
さあ、久々に明日は東地区・ボストン戦です。ヤンキース時代からボストン戦には滅法強い松井選手がいます。ホームで勝ち星の少ないアスレチックス打線が爆発するシーンを期待しましょう。
a0094890_1453968.gif


…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-18 14:20 | 第九章

ツいてない試合

野球は勝負事なので、勝ったり負けたりします。
ほとんどのメディアは、投手と打撃、あるいは拙攻などから試合を省みて、勝敗の結果を解説しています。しかし…。
今日のような試合は、なんとも分析のしようがないのでは、と思いました。というのは、両軍ともに先発投手が素晴らしい。6回までは完璧な投手戦でした。こういうときは、得てして1本のホームランで決着がつくことが多かった。
でも今日の試合の勝敗の行方をあえて言えば「ツキ」でしょう。「ラッキー」です。

松井選手は今日、完全にツキがなかった…。あきれるほど本日はついてなかった、というのがボクの観戦実感。2本のヒットを損したばかりか、肝心の打点まで大損した感じです。
1死満塁。今シーズンこれで3度目の場面。今度こそ! と固唾をのんで見守っていたら、外角球をうまくバットの芯で捕まえてきれいなセンター前ヒット…ヨシ…歓声を上げた瞬間、その位置に普段はいるはずのない内野手が捕球して、ゲッツー。
「え~~~、なんでぇ」
2打席目も同じような打撃。しかし、またしても野手の好守でアウト。マツイシフトにしてやられたわけですが、それにしても、定規で測定したかのような相手守備にヒット2本を損しました。逆に言えば、もう少し打球が左右どちらかに飛んでいたら完全なタイムーでした。

こういう「ツキ」が原因の試合もあるのがベースボールです。
必ずしも投手力と打線だけで勝敗が決することはない。俗に言う「野球の神様」がおられるのでしょう…。
なので明日は「ツキのなさ」を返上しましょう。昔ジャイアンツファンだったので個人的には、タイガースにだけは負けたくないですから、ハイ。

ホント、今日のオークランドはツいてなかった…。こういう日もあります。


…NY152…
by mlb5533 | 2011-04-16 17:30 | 第九章