<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平成に「伝説」あり

先日、友だちと「昭和」を話題にした雑談をした。
珈琲談義と都会の変貌ぶりが中心だったが、友だちがこんなことを言いだした。
「時代には個性がある」、という。「明治、大正、昭和とそれぞれ個性的な色を感じるが、平成はそれがないなあ…」と嘆く。他の人もこの意見に同感していた。「強いて言えば、無個性時代であり、無気力時代で、肯定的な想い出のない時代かなあ」とも言う。教職の友だちは「とくに、子供たちや青年像が他の時代に比べて「夢」を感じさせない時代だなあ」と嘆く。
なるほど、と思った。

平成になって日本経済が下降の一途をたどり、政局が不安定で、国際的にも外交交渉が後手になった時代でもある。不安感が蔓延して、活気が薄らいだとも見える時代が平成、というのが一般的な意見なのだろう。なんのせいか…。

しかし、時代を嘆くのは今に始まったことでもない。戦後を挟んだ昭和時代でも、戦前と戦後を比べて嘆くエッセイが頻繁だったし、大正ロマン時代には明治の文豪たちがその急変ぶりに危機感を書いたものだった…。要するに、新しいものが入ってくると、必ず古いものが押しやられた。それを惜しむのだろう。

ところで、確かにボクには「平成」は個性的な時代とは思えない。そんな時代にこの松井秀喜選手が活躍した。野球界はもはや日本ではお家芸であろう。国民的スポーツだ。1934年(昭和9年)に現在のプロ野球の礎が出来たから今年で80年の歴史だ。正岡子規の時代からみたら、野球競技は明治20年頃には始まっていたから、130年ほどの歴史がある。
この野球の歴史だけは、他の日本文化が経済と連動して極端に変遷突起すると比べると、変わりなく脈々と歴史を刻んでいるようにボクには思える。
演劇界、映画作品、音楽界、文学…などは、10年ひと昔のように、あっという間に価値観さえ変貌してしまっているように思われる。だが、野球の「大衆性」だけは日本人が、ガンとして変えようとはさせない。だから、スーパースター列伝の神話がこの世界だけには、消えることなく、歴史観とさえ思えるほどに、綿々と受け継がれている。川上哲治選手が引退したとき「背番号16」に優る選手はもう出てこない、、と日本国中が嘆いたと聞くが、安打製造機なら、世界に誇るイチロー選手が今もって活躍中だ。

「背番号14」の沢村栄治投手が来日したベーブルースを三振に取った伝説はいまも消えていないが、奪三振の伝説なら、野茂英雄投手がいる。

そして、日本中を号泣させた日本プロ野球の「神聖・長嶋茂雄選手」の引退はもはや最高の物語になってはいる。「長嶋を超える選手は二度と出ない!」と、昭和のメディアは豪語して記事に仕立て上げた。
しかし、平成になって、松井秀喜選手が米メジャーに移籍してから、日本人の眼差しは太平洋を越えたMLBに向けられ、ヤンキースタジアムで放った「満塁ホームラン」は神聖・長嶋監督さんをもって、「見事!」と言わしめた。

平成は全体的には無個性なのだろうが、ここ野球界だけは「夢」を残している…。
ボクには、そう思える。


…NY152…
by mlb5533 | 2013-01-19 08:28 | 第二部

第二部

松井秀喜選手が20年間のプロ野球選手生活を「卒業」した。
このブログも、「第二部」にしました。

さて。
ご本人は、引退記者会見の後、「大学生になりたい」とのこと。
こんな記事があった。

「松井秀喜氏(38)が将来かなえたい3つの夢を抱いていることが31日、分かった。
(1)大学入学
(2)米国に拠点を置いての生活
(3)高校野球の監督
だ、という。

「生きている以上は、何かを学ぶのは大切なこと。そういうことに時間を費やしていきたいと思っています」

引退表明の記者会見で語ったように、現役時代から向学心旺盛で読書家でもある松井氏が以前から抱いていた夢の1つが大学進学だ。石川・星稜高時代は入学当初から進学も視野に入れて勉強にも力を入れていたが、ドラフト1位で指名されて巨人入り。華やかなキャンパスライフは送れなかった。

元巨人の桑田氏(早大入学)ら引退後に大学入学を果たした選手は多い。松井氏も常々、「大学に行ってみたかった」と口にしており、今後はスポーツ分野を含めて興味のある学問の分野を絞った上で志望校を決定。高校時代からひそかに憧れていた日本の有名私大だけではなく、世界から人材が集まるニューヨークの大学も選択肢に入れながら、勉強に勤しむつもりだ。


楽しい記事だなあ、と思っていた。
ブロードウェイ117th.まであがれば、コロンビア大学がある。別名「ノーベル賞大学」。ここの卒業生の100人近くがノーベル賞を受賞している大学だ。ボストンの大学と違って、教養学部ならこっちのほうがいい。ビレッジにはNYUがあるが、あそこはボクのような人間には向いているだろうけど(入れるわけないか…失礼!)、松井氏のタイプではないなあ、と思うのですが…。松井氏とビレッジって、あんまりピンときません、ボクには、ね。
コロ大なら、あのあたりはズラリと手頃なレストランが軒並み立ち並んでいる(まだ、そのはず)。夏、ガスパッチョとパンさえあればそれだけで十分、と最高においしいサラダ屋さんが多い。ボクも生活していた頃、このあたりは散々友だちと会食に使っていた。直ぐ側には大聖堂もあるし…。
お子様の出産は現地で、という記事もあった。ということは、お子さんの国籍は米国…。そんな生活ぶりを想像していたから、この記事は清々しく感じた。

ところが、この記事が出た翌日あたりからどうも雲行きが違ってきた。
「巨人軍次期監督は松井氏」
の報道がどんどん進んでいく…。巨人軍首脳陣のコメントなど多数の人たちが「松井待望論」を語っている。しかし、ご本人のコメントは見当たらない。
さらには、「ヤンキースコーチ修業構想」との見出しが飛び込む。
あら、ご本人が希望している大学生活はどうなるの? と、不思議な感じだ。一方的に「松井は巨人軍のモノ」とメディアを使って、そう言わんばかり。

彼はまだ38才にすぎない。
一般企業なら、ようやく「課長」の肩書きが付くか否か、の時期。サラリーマン生活からみれば、38才はまだ若すぎる。やりたいことを残して球界に入ったのなら、せっかく訪れた「第二幕」は、せめて自由にしてあげたいもの。まだまだ人生は長い。米国では、サラリーマンが休職して大学生に戻る、なんてザラのザラ。資格社会である米国は、とにかく学費にお金を使う。だから、大学の授業料は「ウソッ~!」というほどお高い。しかも、短期講座もザラのザラ。サマースクールもあれば、1ヵ月間程度の実技講座もある。しっかり、単位をくれる。それが資格になる社会が、米国だからだ。

ニューヨーク生活を10年過ごしたら、誰でもが「ふるさと」に感じてしまう。永住権を取得したいと思うのは当然だろう。
ヤンキ―スのコーチをしたいのなら、別に人様のお世話になることはない。もともとMLBの卒業生なのだから、自分で依頼すればすむ話。
一方、ヤンキースは松井氏のために「特別企画」を考案しているようだ。本当に実現したら、これは楽しい。

ようやく訪れた「自分が自分といる時間」だ。ゆっくりと、そして、有意義に時間とつきあってほしいと思うが…。


…NY152…
by mlb5533 | 2013-01-13 06:22 | 第二部